みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2011年9月28日(水)鹿公園での活動

参加者 大人8名+子供9名 +α

参加者プラスαの参加者があり、たくさんの親子が集まりました。
学校帰りのお兄ちゃん&お姉ちゃんと
入園前の幼児まで幅広い年齢層の子供たちが
いっしょに遊ぶ光景が頼もしく感じました。
栗拾いするかと思いきや、遊具で遊んだり、公園を走り回ったり、
エネルギッシュな子供たち。
天気はものすごくよかったのですが、
草には露が降りて濡れていたので、靴と靴下は湿り気味。
天候とは関係なく、予備の着替えなど、必要なこともあるんだなと知りました。

報告者: Jさん

2011年9月21日(水)テルビューレン公園での活動

最終参加者人数: 大人6名、子供8名

天候: 曇り 18℃

心配された天候ですが、幸い予報通り、雨には降られることなく、
気温もお昼頃からやや上がり、快適でとても楽しい時間を過ごすことができました。
主に、

  • 木のぼり
  • たこあげ
  • 滑り台

これらが本日の目玉となりました。

まずは博物館前から公園を抜け、森林の中に入り、
たっぷり森林浴を堪能しました。
子供達はもはやどんぐりや栗を見つける名人です。
その後、張り出した大きな樹木の根をよじ登り、
大人も子供もしばらく木のぼりに興じました。

次に森林を抜けた芝生の広い敷地で、
参加者のお一人が持ってきて下さった「凧あげ」を一緒に楽しみました。
子供達はそれはそれは大喜びでキラキラと目を輝かせ、
歓声を上げながら凧をおいかけます。
その姿は大変微笑ましいもので見ていた大人はとても幸せな気分になりました。
子供達は順番に各々助走をつけて糸を引きながら凧をあげます。
風が吹いたり止んだりなのでタイミングが重要です。
長く飛ばせるお子さんもいて、皆で大喝采です。

時計は16時を回った頃、そろそろ解散かと思いきや、
アフリカ博物館の入口付近に
何やら滑り台らしきものを発見?!
果たして本当に滑り台として作られたものなのかどうか定かではありませんが)
子供用にちょうどのサイズといい、表面のつるつるさ加減といい、
子供達には大好評で、帰る時間を忘れてしばらく滑り台に夢中になりました。

最終で16:30頃の解散となりました。
子供達は本日も心ゆくまで外遊びを堪能し、大変ご満悦のようでした。
子供ばかりか大人も今日はぐっすりと眠れそうです。

報告者: Yさん

2011年9月7日(水)Wolvendael公園とKさん宅での活動

天候:曇り&雨

人数:9家族

細かい雨が落ちてくることもある、
ベルギーらしい天気でしたが、木下で雨宿りしながら楽しみました。
雨のせいで落ちてしまった栗の実は残念ながらまだ若すぎでしたが、
マロニエの実を袋や籠にいっぱい拾いました。
食べられる実を教えてもらったのですが、名前がわからないのが残念です…

報告者: Nさん