みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2018年2月28日(水)カンブルの森での活動報告

この冬1番の冷え込みのこの日、
太陽は出ていましたが午後も気温はマイナス3度くらいでした。
冷たい風も吹いていたので体感温度はさらに低かったのでは。
池ももちろん凍っています。




何を好んでこんな日に……と思われるでしょうが、
ただただ外遊びを好む親子7組が集まりました。
スキーウェアやタイツ、暖かい下着等を着込んで防寒対策はばっちりです。
そして我が家以外の6組は徒歩か公共交通機関組、
皆さんの気概に感服です。



まずは入口近くの倒木でひとしきり遊び、カンブルでのお楽しみのひとつである木製アスレチック的遊具に向かいました。

その後はなるべく風がなく日の当たる場所を選んでおやつタイムにしましたが、それでも座っている親にとってはかなりつらい状況。

使用済みのウエットティッシュが凍って固くなっていることに気付いて、さすがにここからは自由解散にしましょうということで早めに帰途につきました。





個人的には気温が低いのは大好きですが、寒風はなかなかに手強いです。
活動がなければこんな日に森には行かないかもと考えるといい経験でした。

とはいえ、子供たちの感想はいつもと同じ「楽しかったー!」。
え、それだけ? 
気温が低くても遊んで走り回ってる子供たちにはあまり関係がないのかな(うちの子たちだけかもしれないけど …… )。



報告・写真提供:Tさん


2018年2月21日(水)ルージュクロワトルの森での活動報告


寒いけれどもお天気に恵まれたこの日は5組の家族が集まりました。

集合場所にあった水たまりの水ですら凍る寒さ…

水たまりの氷をすくい上げて披露してくれました!

森の入り口からしばらく歩くと、少し開けたところに出ます。

そこに、誰かが作った木の家を発見!



この広さではみんなが入れない!ということで、枝を足したり少し広げて並べたりしてリフォーム。家が完成した後は葉っぱで飾り付けをする女子たち。


寒さも関係なしに元気に遊ぶ子どもたち。
寒いので家に居たいところを森で遊びたい元気な子どものためにと重い腰をしぶしぶあげて森にやってきた私も、森の中で大人同士で話をしたり、子どもたちの遊びに参加したりしていると来て良かったといつも本当に思えます。特に天気のいい時の森は本当に綺麗で元気をもらえます。

まだまだ寒い日が続きますが、これからもベルギーの森を楽しみたいと思います。






報告・写真提供:Dさん

2018年2月14日(水)テルビューレン公園での活動報告



 寒いけど晴天!の中の活動。

 大人は寒くとも子供は全く寒くない〜!
 
 
 凍っている池の氷取りに永遠に夢中の子供達。

 そんな子供達のパワーに圧倒された一日でした。






報告・写真提供:Oさん

2018年2月12日(月)ソワーニュの森オーデルゲム入口での活動

久々に活動日が快晴となりました

お天気はいいものの やはり森は寒い!
大人たちは何枚重ね着したかなどと話している横で
子供たちはサッサと走り出し

「暑い~!上着脱いでいい~?」
「いや、風邪引くから!中は脱いでいいから上着は着て!」

という親子の攻防戦が繰り広げられました

この日はカーニバル休暇初日とあって
いつもの活動日よりも時間が長く
同じ活動場所でも少し長く歩くルートで探索しましたが

子供たちはいつも通り走り回り
泥だんごを作ったり 縄跳びをしたり
おしりをおサルさんのように泥だらけになるまで
しっかり遊び倒していました

だんだん陽が長くなり 春が近づいてきたように思う反面
この寒さでは自分と子供だけでは外に出るのは億劫・・・

こんな季節には親にも話し相手がいることで
長い1日をあっという間に過ごすことができ
とても楽しい1日となりました






報告者・写真提供:Mさん







2018年2月7日(水) ソワーニュの森ボワフォー入口での活動報告

気温が低くてもお天気に恵まれたこの日の活動は10組の親子が参加しました。

森の散策中は色々な発見があるものですが、今日の発見は霜柱!
みんな手が冷たくなるのもお構い無しで、壊さないように土の中から取ってきてはお母さんたちに見せてくれていました。


ちなみにこの霜柱、英語では needle ice 、フランス語では les aiguilles de glaceと言うそうです。「氷の針」と言う表現なんですね〜。


氷点下を下回る気温の低い日が続いていたおかげで、森の池には厚さ1cmほどもある氷が張っていて、子供達は木の枝や石を投げてみたり、棒を使って割ってみたり。冬しか見られない不思議な光景に大興奮していました。


どんなに寒くても元気一杯の子供達は汗ばむくらいの運動量で、思う存分体を動かして遊ぶことができた水曜の午後でした。



報告者/写真提供:Kさん