みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2015年4月29日(水)ハルの森での活動

ハルの森に着くまで天気が不安定で雨もポツポツと降ってきたりもしましたが、なんとか活動の間は持ちこたえてくれました。

参加3組10人で、肌寒い日だったのにみんな元気いっぱいです。
この日がおそらく満開ということで、お母さん達は幻想的な青い絨毯風景にシャッターを切っていました。歩いていると青紫のブルーベルの中で白いブルーベルを見つけて、思わずその風景もパシャリ。こんな素敵な景色を毎年見れるベルギーの方達がうらやましく思いました。

子供達はどちらかというと花よりも虫に興味津々で、「カブトムシがいる~!」と言いながら(実際は違うの虫ですが)周りを囲んで真剣な表情で眺めていたり、おやつを食べるときに立ち寄った場所にあった斜面を上ったり下りたり、楽しそうにしていました。

親も子も楽しい午後を過ごす事が出来ました。

報告者/写真提供: Kさん


2015年4月29日(水)Roodebeek公園での活動

お昼頃から雲行きが怪しく、活動中雨が降らないかと不安で公園に向かいましたが、参加者は、見学の方含め、なんと21組という大所帯。
雨に降られず、最後まで楽しく活動できました。
今日は「こどもの日」の活動。
各自が持参した紙を切り、お絵かき、工作などをして、公園で拾った枝につけて鯉のぼりの作成をしました。
大きい鯉のぼりから、ミニ鯉のぼり、カラフルだったり、紐でつなげて風になびくようにしたり、十人十色、様々な鯉のぼりが完成しました。
なかには大人顔負けの作品も。子供の感性は素晴らしいです。

出来た作品と子供たちを並ばせて、記念撮影。そして、「こいのぼり」の歌をみんなで歌いました。

最後に、絵本の読み聞かせをしました。おとなしく聞いている子、絵本の前に近づいて来る子と
いつもの風景をみながら、微笑ましく終わりました。
その後は自由解散で、我が子は遊具でも遊んで帰りました。


今回初参加で、ベルギーに来たばかりの方ともお話しましたが、改めて、ベルギーでの新生活が充実したものになれる一躍を担っているこの会と会を支えている皆さんに感謝です。

報告者/写真提供: Tさん




5月の活動予定

5月の活動予定場所は下記の通りとなっています。

1. 水曜日の活動
5月6日 ルージュクロワトルの森
5月13日 ウォルベンダル公園とおひさま文庫
5月20日 カンブルの森
5月27日 鹿公園

2. 金曜日の読み聞かせ
5月1日 自宅提供者募集
5月8日 自宅提供者募集
5月15日 自宅提供者募集
5月22日 自宅提供者募集
5月29日 自宅提供者募集


参加をご希望される方は、件名に下記記載の上メールを送信願います。
〇月○日(水)参加希望 お名前+お子さんの人数
*雨天時自宅提供が可能な方は(自宅提供可能)と追記願います。
*参加希望メールは、毎週月曜日の24時までが受け付けです。

作業簡易化のために、本文は読みません。
質問等がある場合は、件名に(本文あり)と記載願います。
また、1つの活動に対して必ず1通のメールで参加希望を出してください。

読み聞かせの会用に自宅提供をしてくださる方も募集しています。
件名に下記記載の上メールを送信願います。
○月○日(金)読み聞かせ自宅提供 お名前
*数組でも構いません。受け入れ可能な方はお申し出ください。

各活動日の詳細は、参加者宛に活動日前日お昼までに送信いたします。
皆様の参加をお待ちしております!



2015年4月22日(水)ハルの森での活動

参加者:12組
天気:晴れ

楽しみにしていた「ハルの森」のブルーベル。
実は運転に自信が無かったため、3日前に家族で下見に来ていました。
暖かい日が続いていたため、3日前よりもかなり咲いている!!驚きました。
ヒヤシンスに似た品種で、青色とも紫色とも言えぬ美しい色合いの小さな花ー。
皆で森に入ると、たちまちふっと香ってきました。

子供たちとは「絶対にお花を摘んだり踏んだりしないよ」と約束をしていました。
女の子も、男の子もいつもの森とは少し違う景色に興味深々。

この日、班長を務めてくださったのは、ハルに長く住んでおられるVさん。活動の際の注意事項や、森までのルートなど細かい事まで事前に参加者の皆さんへ周知してくださいました。

(本当にありがとうございました!!)

広い広い森のなかで、ベビーカーでも歩きやすく、開花が見頃のスポットへ案内してくださり、到着したのは幻想的な何処までも続くブルーベルの絨毯。
その美しさに息を呑み、あぁ、今日は何かのご褒美の日なのかもしれない、と思いました。

お母さん方は思い思いに写真を撮られたり、子供たちは森の中のシーソーで遊んだり。
おやつを食べて、もう一箇所見頃を迎えた場所へゆっくりと散策をしながら移動し、17時頃解散となりました。

自然の中で思い切り遊んだ我が家の子供たちは、帰宅後すぐに就寝。

母は、美しかったブルーベルにまた逢いに行こうと思いました。(来週の水曜日もお天気が良ければハルの森での活動が予定されています。)

報告者/写真提供: Mさん



2015年4月22日(水)Wolvendael公園とUccle区Kさん宅にておひさま文庫

イースター休暇明けの活動日。
この日はハルの森へ行く組、ウォルベンダル公園へ行く組と2組に分かれて活動をしました。
さらにナショナルストライキがあり、ほとんどの公共交通機関がストップしてしまった影響で参加を見送った方もいましたが、途中参加組も含めて8組での活動となりました。

魅力的な複合遊具のあるエリアでゆっくりと集合してから、お散歩開始。

公園の木々には最近の暖かい気候でかなり若葉が繁ってきており、とても綺麗でした。
木を登るリスもいました。木登りスポットもありましたが、今回は大きい子どもが少なかったのでパス。ちょっとした崖になっている場所を登ったりして遊びました。崖の下の丸太でおやつを食べた後は、のんびり遊びながらおひさま文庫へ移動。

元気な男の子が多く、おもちゃのある遊び場では騒然とする場面もありましたが、お母さんたちは素敵な茶器で美味しいお茶を頂きつつ、おしゃべりしながら本を選んだりできました。

レオ・レオニ作「あおくんときいろちゃん」の読み聞かせで終了。騒がしかった子どもたち、読み聞かせが始まった途端、ぴ たっと静かになって聞き入ってました。
皆様、素敵な時間をありがとうございました。

報告者/写真提供: Mさん




2015年4月17日(金)カンブルの森での活動

イースター休暇の締めは、カンブルの森でした。当初予定していたハルの森から、急遽変更になったにもかかわらず、16家族が参加し賑やかな活動となりました。
集合時には少し肌寒いかな?と感じた気温も、天候に恵まれどんどん上昇。
森遊びには最適の気候でした。
子どもたちは、ただただ走ったり、汽車ごっこをしたり、かくれんぼをしたり、
木に登ったり、時には、日向ぼっこ中のラブラブお兄さん&お姉さんのお邪魔をしてみたり。。。

家族では何度か訪れたことのあるカンブルの森も、外遊びの活動での訪問は初めてだった私たち親子。家族だけではすぐに飽きちゃう森も、これだけ同世代の子どもたちが集まると、遊び道具なんてなくても、次から次に遊びが生まれる。親が関わらなくても、子どもたちだけで遊びの世界をつくっていけるようになった我が子の成長を頼もしく感じた一日でした。

報告者: Nさん

2015年4月15日(水)ソワーニュの森での活動

快!快!
快晴!!!のもと始まったソワーニュの森での散策。
沢山の参加者にも恵まれ、小さな子からワンパクキッズまで賑やかな会になりました。まだ森の木々の葉が生い茂ってなかったため、日差しもサンサンで夏のよう。
そんななか、子供達はばてる事なく森を元気に走り回っていました。汗をかきながら遊ぶ子供達を見て、来て良かったな〜としみじみ・・・。
でも、そのせいもあって後半はみんな手持ちの水がなくなってしまうという事態になりました。
今後夏を迎えるにあたって、水分の持参量は考えないとなと思いました。
日本のようにどこでも自動販売機があるわけもないですしね。

何はともあれ、外遊び全開の一日!
やはり太陽と自然と子供は最高の組み合わせです(^^)

報告者:Oさん




2015年4月13日(月)テルヴューレン公園での活動



 先週から暑いくらいの陽気でしたが、今日は少し気温も下がり、過ごしやすい1日でした。

12時に綺麗な湖が見える広い芝生広場に集まり、近くの木々の中でレジャーシートを広げてお弁当を食べました。
お弁当を食べ終わった子供たちは、思い思いに花や小枝で遊んでいました。
しばらくして歩き始め、水辺にいる鳥達を見ながら、いざ森の中へ。森の中の大きな木々たちはまだ裸で、歩道以外の地面は落ち葉でいっぱいです。



 途中、急勾配の坂道もありましたが、皆楽しく遊びながら行きました。途中、10差路以上?もある交差点の中央に、大きな平ための石がある場所でちょっと休憩。
楽しそうに繰り返し石からジャンプして地面に飛び降りる子供もいました。

馬にも会いました。

またしばらく歩き、川のそばの木々の中でおやつタイム。そこから前進して芝生広場へ戻るルートを辿ったのですが…そこからも子供たちには楽しいことが沢山。川を渡る前には、長い木が横たわっているのでその上を歩いたり、その隣で小枝や小石を集めて焚き火ごっこ?をしたり。川を渡ったら、地面を這う虫の観察をしたり。川沿いの道でなぜか突然お地蔵さんごっこ?をしだす子もいたり。

また馬に会えて、ちょっとサービスしてもらえて馬に触らせてもらえたり。
道から少し高い場所に登って歩いたり。はしゃぎすぎて最後の方には足がもつれて来た子も。
結局17時過ぎまで親も子も公園を満喫しきった1日でした。



報告者/写真提供: Mさん

2015年4月10日(金)ジョルジュアンリ公園での活動

参加者:12組 晴天
最高の気候となった、この日。
日焼け対策のため、麦わら帽子をかぶって向かった母でした。
ジョルジュアンリ公園での活動は遊具のあるところに集合のため
森での活動と違って、子供たちは一気に遊ぶ意欲が急上昇するようです。
(森での活動は徐々に楽しくなってくるといった感じですよね!)
この日はイースター休暇のスタージュに参加している子供たちがたくさん訪れていました。
お弁当後は気分転換に芝生広場へ移動して遊びました。
あまりの日差しの強さに 子供たちの体調を心配し、
早めのおやつを食べて絵本を読み、14時頃解散となりました。
これからの季節、お天気の良い日は 水分補給などにも気をつけながら遊びたいと思います。

報告者: Mさん



2015年4月8日(水)カンブルの森での活動

この日はイースター休暇中の活動第一弾、カンブルの森(公園ルート)。10組でのスタートでした。
池の周りを歩いてまずは巨大な倒木をめざしますが……、ない! まさかの撤去でした。
大人にも子どもにも大人気だったのに残念。
ですが子どもたちは他の木の根元で縄跳びしたり、ヒモで電車ごっこしながらからみあったり叫んだりと賑やかなこと。「1歳半でもこうやって他の子たちと遊べるんですねぇ~、知らなかった……。」と驚いているお母さんの言葉に、みんなと一緒の外遊びならではだなと思いました。

少し早目のお弁当タイムの後、もうひと遊びしてからは遊具のある公園を目指します。
休暇中でしたが公園も混雑はしていなかったのでみんなで遊具で思う存分遊んでから、また池の周りに戻りおやつを食べました。その後もシャボン玉やフリスビー(をしながら“順番に”の練習?!)で盛り上がったり、リスを追いかけて走りまわったり……。
集合時間の11時には日差しもまぶしかったので暖かい一日を期待したのですが、3時過ぎのおやつタイム頃からはやはり風が冷たくなってきました。子どもたちにはそんなこと全く関係がないようで、上着を脱ぎすててTシャツになっている子も。あ、うちの娘でした……。

この日は途中、深めの水たまりに落ちた子や転んで傷を作ってしまった子もいましたが、周りのお母さんたちが協力してテキパキと処置してくれました。その姿がとても頼もしかったです。

午前中から夕方まで、たっぷりのんびりゆったり遊びました。我が家は3回目の参加でしたが、子どもたちも大勢で森で遊ぶ楽しさにすっかり魅了されているよう。
春夏秋冬すべての季節の森をたっぷり堪能しなくては!と改めて思った一日でした。

報告者: Tさん

2015年4月1日(水)Roodebeek公園での活動

参加者は初参加の方2人組で計15組でした。

午前中は雨でしたが、なんとか午後には雨が上がり無事に活動ができました。ただ強風が吹いていて、気温のわりにとても寒かったです。
そんな中でも子供達は元気いっぱいです。
みんなで「花いちもんめ」や「だるまさんがころんだ」をやったり、マロニエを探して集めたりと、とても楽しそうでした。

その後は絵本の読み聞かせがありました。
じっと座って聞いてる子、絵本の前に行き絵を見ている子、お母さんと一緒に聞いている子とそれぞれでしたが、みんな絵本は大好きのようです。

その後は自由解散になり、我が家の子供達は遊具で遊んでいたのですが、よほど楽しかったのか、なかなか帰ろうとしませんでした。




報告者/写真提供: Kさん