みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2017年4月27日(木)会員宅での読み聞かせの会 活動報告

本日の読み聞かせの会は公園開催の予定でしたが、
あいにくのお天気と寒さにより会員宅での開催となりました。
おやつを食べてひとしきり遊んだ後、読み聞かせの時間。
今日は紙芝居からのスタートで、絵本とは少し違った面白さに子供たちは興味深々でした。
各自持ってきた本を読んで欲しいとリクエストし、
計6冊も読んでもらって子供達は満足したようでした。

活動報告/写真提供:Hさん

2017年4月26日(水)Wolvendael公園での活動報告

14時ごろに小雨が降ったものの、お天気も持ち直し、ほっと一安心。
この日は10組の親子の参加。
小学校低学年のお子さんを筆頭に、幼稚園年少の息子の参加と、
年齢のバラエティーに富んだ子供たちが参加しました。

集合場所の遊具コーナーでひと遊びしたあと、
なだらかな芝生の坂をかけっこして、下っていきます。
木登りしたり、シャボン玉遊びをしたあとは、おやつを食べて、16時ごろ公園活動はお開きとなりました。

夏に向け、心地よい季節のベルギーを外遊びの会で親子で楽しめたらと思います。

活動報告/写真提供:Hさん

5月の活動予定

❢参加希望メールの締め切り時間が変更になりました。
活動日の前々日15時です。
宜しくお願いします。

◆通常活動
※集合時間は14時
4月 26日(水) Wolvendael公園とおひさま文庫 (おひさま文庫はキャンセル待ち、公園のみ参加は可能です)

5月3日(水) カンブルの森(こどもの日の活動)
 10日(水) Wolvendael公園とおひさま文庫
 17日(水) 鹿公園
 24日(水) ルージュクロワトルの森
 31日(水) ソワーニュの森ボワフォー入口

読み聞かせ
4月27日(木) Thieffry公園(雨天時会員宅)
5月5日(金) 鹿公園
18日(木) Thieffry公園(雨天時会員宅)

ちびっこ活動
*週により開催曜日が異なります。
開催時間は、11時~14時 
5月11日(木) Amitie公園(Cite de l'Amitie)(39番amitie下車すぐ Stockel)
   22日(月) Amitie公園

※ちびっこ活動について
主に未就園児を対象とした活動ですが、特に年齢制限はありません。
越してきたばかりで学校がまだ決まっていないお子様や幼児等で幼稚園をお休みされた場合など、どなたでも参加可能です。

また、雨天時のご自宅提供、読み聞かせの会もあわせて募集します。
数組でも条件付きでも構いません。時間等含めて無理のない範囲でご検討くださると嬉しいです。

※ 各場所の住所・アクセス等については添付の活動場所詳細をご参照ください。
※ 参加希望の出し方を確認したい場合は添付の入会案内をご参照ください。
※雨天時自宅提供が可能な方は(自宅提供可能)と追記願います。
※締め切りを過ぎた場合、活動詳細がお送りできない場合もありますのでご了承ください。
1つの活動に対して必ず1通のメールで参加希望を出してください
※活動場所が2ヶ所ある場合は、参加希望の場所も明記してください。

**読み聞かせの会に関して
読み聞かせの会は公園や会員宅に順次集まってひとしきり遊んだ後、本や紙芝居など各自手持ちの本を読み聞かせるというものです。
絵本の読み聞かせは日常的に行われているご家庭も多いこととは思いますが、読み手が変わったりお友達と一緒に聞くと普段とはまた違った楽しさを感じられるのではないでしょうか。幼稚園や学校帰りにぜひ寄り道してみてくださいね。15時半頃からの活動になるので未就園のお子さんはおうちで過ごすことの多い時間帯かもしれませんが、大きい子に混じって遊ぶのも刺激があったりグズグズしがちな時間帯の気分転換になるかもしれません。小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんが読み手になってくれるのも、小さな子にとってはありがたいものなので、是非参加されてみてください。

(読み聞かせの会の開催について)
私も開催してみようかしらと思ってくださる方、ぜひご協力お願いします!
水曜以外どの放課後でも構いません。公園はもちろんご自宅を開放くださるのも大歓迎です(特にこの季節、天候に恵まれないことも多いので)。
外遊びの会宛にご連絡くださいね。
「○月○日(曜日)読み聞かせ開催可能(場所) お名前」

各活動の詳細については参加希望者宛にメールで動日前日にお知らせします。

みなさんのご参加をお待ちしています!

2017年4月20日(木) Amitie公園 ちびっこ活動報告

イースター休暇が明け、ちびっこ活動が再開しました。
そしてこの日のちびっこは、初めての活動場所です。
ストッケルのAmitie公園、広い敷地にたくさんの遊具、バスケットコートまであります。
お天気も良く、ポカポカ陽気、3組の親子が参加しました。
年齢差はあるけれど、1番のお姉ちゃんが、上手に遊んでくれました。


1番小さいお友だちも気持ち良さそうです。

珍しい遊具もあり、何度も繰り返し遊んでいました。

たくさんの遊具、広い敷地、緑に囲まれ、ポカポカ陽気、とても気持ちの良い、ちびっこ活動になりました(*^^*)

活動報告/写真提供:Hさん

2017年4月19日(水) 鹿公園での活動報告

イースター休暇も明け、通常活動になった外遊び。
この日は、飛び込み含む10組ほどの親子が、鹿公園に集まりました。
フリスビーやシャボン玉、遊具で思い思いに遊ぶ子供たち。
少し肌寒く感じましたが、子供たちには関係ないようです。

少し遊んでから、みんなでおやつの時間。
あげたり、もらったり、交換会が始まります。

それからまた、みんな自由に遊びました。
最後には、みんなでシートに座り、絵本を読んでもらいました。

みんなで楽しい午後が過ごせました(*^^*)
活動報告/写真提供:Hさん

2017年4月14日(金)トゥルネー公園 活動報告

今日は冬らしい天気でしたが、8組の親子が参加してくださいました。
トゥルネー公園は花壇が綺麗に手入れされていて、
チューリップや水仙などが綺麗でしたよ!
子供たちも野の花を摘んだり、池を観察したり楽しい時を過ごしました。







活動報告/写真提供:Tさん

2017年4月7日(金)ソワーニュの森、ボワフォー入口 活動報告


今日は、9組の親子が集まりました。
ソワーニュの森のボワフォー入口は最近追加された活動場所で、
初めてと言う人もちらほら。
私のとてもお気に入りの場所の一つです。

新緑が芽生え始めた森。こんなに日本で新緑がきれいだと感じたことはなかったような。
桜に気を取られていたのでしょうか。黄緑色が透き通るようです。

そんな中を子どもたちは走り出し、まずはこの山で登ってジャンプ!大きい子が小さい子の手を持ったりと、異年齢ならではのほほえましい姿も。
そして、リス発見!じっとこっちを見つめている姿に、大人も子供も「かわいい~♡」と大興奮。


そして、途中には、こんな大木が根っこから倒れていました。人が倒したのか、根っこが腐って倒れたのか、雷が落ちたのか、、、
森には不思議がいっぱい。

お昼ごはんを食べて、池のところまで出発!
疲れてきても、電車ごっこを皆とすると歩けちゃうから不思議。
前のほうには、暴走列車あり。笑

池まで来て、休憩!
子どもたちは何やら、丸太に皆座って、動かず。

何をしてるか覗きにに行くと、小学生のお姉ちゃんの怖い話を、
皆で真剣に聞いていました。
私もリクエストにお答えして、怖い話してきました。笑

シャボン玉をしたり、木のシーソーをしたり、恒例の絵本は3冊!


子どもの遊びに時間を気にせず付き合える長期休暇の活動と、この春のお天気の醍醐味を感じた一日でした。

活動報告/写真提供:Iさん

2017年4月5日(水) La Hulpeでの活動報告

本日の活動は La Hulpe、公共交通機関では、TECのバスを使用します。
普段使うバスではないので、親子とも冒険でした。

本日の参加者は6組です。
濃霧の為か、いつもより肌寒く感じました。
親の心配をよそに、子どもたちは元気にフリスビーを投げて走り回っています。
みんなで散策しながら、どんどん奥に進んで行きます。
芝生の広場でみんなでお弁当です。
お腹が満たされると、縄跳びやシャボン玉、竹とんぼをしたりと、敷地いっぱいに遊び回ります。
日がでると暖かく、上着を脱いでいく子どもたち。


さっきお弁当を食べたところなのに、空腹の訴えに戻ってくる子どもたち。
みんなで少しおやつを食べては、遊び、また戻ってくる。。
ということで、場所移動です。
みんなで遊びながら、大きな丸太でおやつの時間です。


美味しそうな香りにつられたのか、リスがカサカサと出て来ました。
自然を目でも感じながら、みんなで春の空気を体で感じ、思い切り出口までかけっこです!



 本日もお疲れ様でした。(^^)
報告・写真提供 Hさん

2017年4月3日(月) ソワーニュの森 オーデルゲム入口 活動報告

イースター休暇中の活動初日は、木々に新緑の芽が出始めているソワーニュの森オーデルゲム入口から。
参加者は10組。11時に、4カ月の赤ちゃんから小学生のお姉ちゃんまで、異年齢の子供たちとそのお母さんが集まりました。

森に入るなり、駆け出していく子供たち。まずは、いつもの分岐点まで。
そこからは、しっかり歩ける子供たちとそのお母さんはチャレンジコースへ、赤ちゃんやベビーカーを押しているお母さんは平坦なコースへ。
上のお子さんはチャレン ジコースに行きたいけど、お母さんはベビーカーと下の子がいるからついていけない場合は、
チャレンジコースに行けるお友達のお母さんに上の子をお願いして、しばしの別行動。
道中、イヤイヤ期などで歩けなくなるお子さんも、皆で励ましながら森を歩きます。
じきに全員合流し、切り倒してある木の上でお待ちかねのお弁当タイム。
それから、水たまりに土を入れたり、枝でかき回したり。かけっこしたり、坂道を駆け上がったり。
ちょっと道を逸れて落ち葉の中を冒険したりしながら、遊具のあるエリアまで行きます。
 

 
遊具でまた年齢性別入り乱れて思いっきり遊ぶ子供たちを見ながら、お母さんたちはしばしの休息タイム。
0歳の赤ちゃんたちもレジャーシートの上でくつろぎます。
ほどなく子供たちもおやつタイム、その後さらに遊びます。丘の上でお店屋さんごっこが始まり、小川のそばでバーベキューごっこ(もちろん火は使わず、枝などだけで)が始まり、
本当に子供の遊びって無限だなあ、と感動。おもちゃなどない森の中だと余計、想像力が高まる気がします。
気が付いたらもう4時間以上経っていたので、帰路につきました。もちろんその経路でも子供たちは様々遊びながら。
 
 
出口付近ではちょうどよい倒木の上に子供たちが座り、絵本を読んでくれということになり、ちゃんと絵本を1冊持ってきていたお母さんが読み聞かせをしてくれました。
そして森の出口で解散。

お天気にも恵まれ、個人的に 非常に久しぶりの森歩き参加でしたが、親子ともに非常に贅沢な、充実感で満ち溢れた一日になりました。
皆さま、本当にありがとうございました。

報告Mさん