みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2011年11月30日(水)ソワーニュの森での活動

参加5組 13名 (大人 5人 子供 8人)

天候 晴れ

今日はまるで外遊びのためにお日様が顔を出してくれたような気持ちのいいお天気でした。
2時にソワーニュの森入口へ集合。さっそく出発です。
2週間前も同じソワーニュの森散策、
そしてメンバーが総入れ替えというわけでもありませんでしたが、
今日は前回とは全く違った展開になり、
これぞ「外遊びの会」のだいご味だと感じました。

まず、出発してすぐに後半組が道のわきから上に上って行きました。
落ち葉を踏みしめながらみんな
しっかりとのぼっていっていたのが頼もしかったです。
リスもたくさん見ることができました。
そこで時間が費やされたので予定変更で引き返すことに。

その後も木がたくさん倒れているところで遊んでみたり、
大きな枝を拾って木をたたいてみたり、
歩いている途中に通せんぼごっこ?をしたりと子供の遊ぶ才能には脱帽ですね。

私の娘は今日出発する前に
「今日の活動は森だよ」
というと
「森~?公園(遊具のある)がいい~!」
と少し不服そうでしたが、大満足で時間を過ごせたようです。
家族だけだとなかなかこうはいかず、
途中でだだをこねることもあるので毎週の活動の中で
普段経験することのできないことをたくさんたくさん吸収してほしいです。

報告者: Gさん

2011年11月23日(水)鹿公園での活動

参加9組 23名 (大人 9人 子供 14人) 
※うち、見学者2組4名

天候 曇

朝から霧が立ち込めていて、ベルギーの秋そのものでした。
幸い天候はもって外での活動を行うことができました。
参加した子供は1歳代~小学生までと幅広かったものの、
参加人数が多いせいもあり見学者の子供たちもすぐに
溶け込んで遊ぶことができました。

前回は姿を見せていなかった鹿も今日は見ることができたので、
小さい子供たちは少し恐がりながらも
かなり盛り上がって見に行っていました。

子供の年齢に幅があるとよいことがいくつかあります。
大きい子は小さい子の面倒をみる、
小さい子はお姉さんやお兄さんのまねをしていろんなことに挑戦しようとする、
また、小さいながらも自分より年下の子供にはしっかりとふるまおうとすることでしょうか。
今日の活動ではたくさんそのような場面を見ることができたように思います。

朝から霧がでていたせいか比較的暖かな日だったのですが、
4時ごろには急に冷え込み、ベルギーの天候は油断ならないとつくづく感じました。 
日が傾いてきたのと寒さのせいで自然に解散。

本日もありがとうございました。

報告者: Gさん

2011年11月16日(水)ソワーニュの森での活動

日本ではなく、ベルギーだからこそ感じることができる「自然」を
「外遊びの会」を通じて体験できる。
縁あって、今この地にいる日本人の親子で一緒に感じることができる。
今日は、外遊びの会の醍醐味を満喫した日でした。
「森を散歩する」ということは、普段、娘と二人でしていることなのですが、
「みんな」で一緒に歩くことが、こんなにも楽しくなるとは、、、。
ただ散歩しているだけなのに、心がスーッとしたり、ウキウキしてきたり、、。
自然の力や仲間の力とは、本当にすごいものですね。
普段なら途中で必ず「抱っこ」という娘が、ペダルなし自転車を
スイスイ乗りこなし、途中、自ら「歩く」と言い出し、、、。
一度も抱っこを要求せず。ミラクルです。
散歩の後は、加藤さん宅で美味しい温かいお茶を頂きました。
温かいコップに両手を添えた瞬間、冷えた体に電気が走ったかのように、
手を通じてジーンと体中が温かくなっていきました。
「冬」を感じた瞬間でした。
約1時間ほどのお茶の時間は、「昭和の香り」を感じた懐かしい
ホッコリした時間でした。
自然と子供たちは「こどもの世界」をつくり、2歳の娘も仲間入り。
お兄ちゃんお姉ちゃんに優しく接してもらい、楽しそうに遊んでいました。
大人が「大人の世界」でホッコリおしゃべりをしながら、しっかりと子供たちの様子を影で
見守る。。。。
木の上に立って見る「親」の構図がそこにありました。
自分たちが子供の頃、親にしてもらってきた姿だなーとそこに漂っている空気が
私にそう教えてくれました。
とても懐かしく、そして親のありがたさを感じた時間でした。
自分が子供の頃は、こういうことがごく当たり前になされていたのですよね。
当たり前の大切なことを、再認識した時間でした。
今日も一日親子で本当に楽しかったです。
ありがとうございました。

報告者: Yさん

2011年11月16日(水)ソワーニュの森での活動

参加8組

1時間半ほど森の中を遊びながら散歩しました。

ウチの長女は幼稚園へ車で送迎しているので、普段そんなに歩くことがありません。
ホントはたくさん歩かせたいので、森の散歩の企画は嬉しかったです。
疲れた~
と言うかなと思いきや、お友達と一緒だったら歩くんですね~。

そして解散後も、もう少し遊びたいと言ったので私たち母子だけで散策しました。
防寒着があれば、もう少し寒くなっても森の中の散歩はできるな~と思いました。
今度は2歳の次女も、もっと歩かせたいです!

報告者: Nさん

2011年11月9日(水)Sさん宅とJagersveld公園

参加11組

0歳~小学生までたくさんの子供が集まってにぎやかでした。
主に遊具のある場所で遊びました。、遊具で遊んだりボールをけったり縄跳びをしたり。
初めは割と晴れて寒くなかったのですが、
だんだんと時間がたつにつれて日が傾くと寒くなって・・
というのは親たちで、薄着で「寒くない~」と走り回る子供もたくさんいました。
たくさん参加者もいて、ママ達ともたくさんおしゃべりができました。
やっぱり外遊びの会は子供が楽しいのはもちろんだけど、
親の私がが楽しいわ~!
と改めて実感しました。
みなさん、ありがとうございました。

報告者: Nさん

2011年11月2日(水)Kさん宅とWolvendael公園

本日は秋晴れで気温も穏やか、大変気持ちの良い秋の行楽日和となりました。
加藤邸ではお昼にスペアリブのトマトソースが振る舞われ、その後皆でWolvendael公園へ。
柔らかな木漏れ日に包まれながら、子供も大人もゆったりとした森の時間をたっぷりと堪能することができました♪
公園内にはなだらかで歩きやすい散策道が続いており、落葉樹がオレンジや黄色の葉を一斉に落とし、とても幻想的な光景でした。
公園中央にちょうど子どもが登るのに手頃なサイズの木もあります。
最初の枝がやや低めの位置にあり、おまけに木の幹が斜めなので小さい子でもとても登りやすく、のびのびと木のぼりを楽しでいました。
非日常的な場所に身をおくと気分がとてもリラックスして癒されます。
忙しいママにはこういう、「心の癒し」は必要不可欠ですね。
冬支度の前の貴重な秋晴れの日に、またまた外遊び会で大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。
親子共々身近な自然に触れる楽しさを十二分に味わっております!
ありがとうございました♪

報告者: Yさん