みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2012年10月31日(水)鹿公園での活動


参加:10組
天候: 晴れ

昨日までとはうって変わり、朝から気持ちの良いお天気に恵まれました。
開始時点で5~6組、昼食後から途中参加もあり、
最終的に計10組前後の参加となりました。
今回の参加者は、赤ちゃん~6歳まで、3歳前後のお子さんが多かったようです。
鹿公園は広々としたスペースはないですが、こじんまりとしてかえって小さな子供が遊ぶには目が届きやすいですね。危ない遊具もないので、冷や冷やする事もなく、安心して遊ばせる事ができました。
女の子が落ち葉や木の実でおままごとを始めると、男の子もそれにならってそれぞれ好きな物に見立てては、お母さん達に手渡していました。
今回初めて参加させて頂きましたが、
子供がとても楽しそうに他のお子さん達とじゃれているのを見て、とても嬉しく感じました。
普段私と二人で公園に行くときより、積極的にお友達と触れ合ってるようです。
またお母さん同士の会話をまねしたりするので、日本語も上達するかな?
まだお昼寝の習慣があるので早めに帰宅しましたが、
短時間でも参加して、親子共々楽しめました。


報告者: Sさん

2012年10月29日(月)アントワープ動物園での活動&中華街で飲茶

当日は動物園だけの方、飲茶だけの方など、合わせて9組の家族が参加しました。
気温も低く、小雨が降ったりやんだりしていたので、
動物園では室内で見れるアシカショーを見学。
その後少し外の動物たちを見学した後、ランチのためすぐに中華レストランへ直行(笑)
暖かいジャスミンティーでホッとして、食べきれないほどの飲茶を注文し、
みんなお腹一杯食べておしゃべりして、お土産まで持って帰りました。
子供たちは小さい子が多かったですが、お行儀良く上手に食べれていたし、
大きい女の子たちはお互い日本語で良くコミュニケーションが取れていたと思います。
お天気を気にして参加を躊躇される方は、飲茶からの参加がお薦めです。


報告者: Sさん

2012年10月24日(水)Tervurenテルビューレン公園での活動

快晴の秋空の下、外遊び日和。
12組の親子さんが参加されました。
青空と赤黄色に染まった木々、
足元にはフカフカの落ち葉といろんな色・形のキノコに大盛り上がり 秋を親子で一緒に感じながら、楽しい時間を過ごしました。


報告者: Sさん

2012年10月17日(水)Wolvendael公園とUccle地区Kさん宅にておひさま文庫

参加者:9組
天気:曇り時々雨

朝からの雨で、活動が危ぶまれましたが、お昼頃には雨も止み、Wolvendael 公園で栗拾い決行!
Kさん宅に集合し14時に公園に移動し、栗拾いを始めました。

子どもはそれぞれ栗入れのかごや袋を下げ、一生懸命に栗を拾っていました。
また、大人も子どもに負けずに真剣に栗を探している姿も印象的でした。
たくさん拾っては誇らしげに数えたり、人に見せたり。
公園にある栗の木を一通り巡り終わったのは3時頃。
遊具で遊びたい子、まだ栗を拾いたい子がいたため、遊具組と栗広い組とに分かれ、4時近くまで別行動をすることに。

途中雨がパラパラ降りましたが、大降りにはならず、4時近くにKさん宅に戻り、拾った栗で焼き栗をしました。
早速、拾った栗の食べる分だけ集め、はさみで切り込みを入れ、オーブンへ。
Kさんが先に自宅へ戻って第一陣を焼いておいてくれてたので(素晴らしい!!)、待つことなく焼き栗を食べることが出来ました。
細かい配慮、本当にありがとうございました。
後は、テーブルを囲んでお茶を頂きながら、焼き栗をむいて食べました。
子どもは親がむいてくれた栗を美味しそうに食べては、子ども同士で遊んでいました。
栗って殻をむくのが大変・・・でも、皆さんとおしゃべりしながらだと、なんだかそれも楽しかったです。
おひさま文庫の利用も途中であり、あっという間に時間が過ぎました。
17時になったのも気付かないくらいで、17時15分頃に解散となりました。

栗拾いって、家族で楽しめる、楽しい・・・そしてとっても美味しいイベントだったんですね。

報告者:Aさん

2012年10月10日(水)ソワーニュの森(オーデルゲム区)での活動

久しぶりに外遊びの会活動に参加してきました。
冷え込むかと思ったけれど
午後はおひさまが出て暖かい陽気になりました。
報告・写真提供: Eさん


2012年10月3日(水)鹿公園は中止→雨天のためGさん宅での活動

鹿公園中止・雨天のため自宅提供者Gさん宅にて計7組参加

本日はあいにく朝からしとしと雨が降り、外遊びは叶いませんでしたが、
有難い自宅提供がありましたので、皆でGさん宅へお邪魔することとなりました。
たとえお外で遊べなくたって、子供達が集まれば色々な刺激でいっぱいです。
お人形ごっこをしながら遊んだり、
真剣に折り紙を折ったりと遊びは尽きる事がありません。
ときに起こる子ども同志の揉め事だって、大切な成長の糧になります。
子ども達が遊ぶ姿を微笑ましく見守りながら、
お母さん達もいつものように楽しいおしゃべりに花が咲きます。
だんだん母と距離を置いてお友達との世界で楽しく遊べるようになった息子を見て、
本当に子供の成長は早いな~と感じます。
いつまでこうして親子で一緒に遊びに出かけられるのかと思うと
皆さんがおっしゃる通り今のこの時期を大切にしなければと思います。
日も暮れ始め、帰宅時間が迫ると、毎回お決まりの

「え~?もう帰るの~?まだ遊びたいよ~(+_+)」のセリフ。。。。。

実は母も毎回同じ想いでいるのでした。

報告者: Yさん