みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2017年4月3日(月) ソワーニュの森 オーデルゲム入口 活動報告

イースター休暇中の活動初日は、木々に新緑の芽が出始めているソワーニュの森オーデルゲム入口から。
参加者は10組。11時に、4カ月の赤ちゃんから小学生のお姉ちゃんまで、異年齢の子供たちとそのお母さんが集まりました。

森に入るなり、駆け出していく子供たち。まずは、いつもの分岐点まで。
そこからは、しっかり歩ける子供たちとそのお母さんはチャレンジコースへ、赤ちゃんやベビーカーを押しているお母さんは平坦なコースへ。
上のお子さんはチャレン ジコースに行きたいけど、お母さんはベビーカーと下の子がいるからついていけない場合は、
チャレンジコースに行けるお友達のお母さんに上の子をお願いして、しばしの別行動。
道中、イヤイヤ期などで歩けなくなるお子さんも、皆で励ましながら森を歩きます。
じきに全員合流し、切り倒してある木の上でお待ちかねのお弁当タイム。
それから、水たまりに土を入れたり、枝でかき回したり。かけっこしたり、坂道を駆け上がったり。
ちょっと道を逸れて落ち葉の中を冒険したりしながら、遊具のあるエリアまで行きます。
 

 
遊具でまた年齢性別入り乱れて思いっきり遊ぶ子供たちを見ながら、お母さんたちはしばしの休息タイム。
0歳の赤ちゃんたちもレジャーシートの上でくつろぎます。
ほどなく子供たちもおやつタイム、その後さらに遊びます。丘の上でお店屋さんごっこが始まり、小川のそばでバーベキューごっこ(もちろん火は使わず、枝などだけで)が始まり、
本当に子供の遊びって無限だなあ、と感動。おもちゃなどない森の中だと余計、想像力が高まる気がします。
気が付いたらもう4時間以上経っていたので、帰路につきました。もちろんその経路でも子供たちは様々遊びながら。
 
 
出口付近ではちょうどよい倒木の上に子供たちが座り、絵本を読んでくれということになり、ちゃんと絵本を1冊持ってきていたお母さんが読み聞かせをしてくれました。
そして森の出口で解散。

お天気にも恵まれ、個人的に 非常に久しぶりの森歩き参加でしたが、親子ともに非常に贅沢な、充実感で満ち溢れた一日になりました。
皆さま、本当にありがとうございました。

報告Mさん