みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2017年10月4日(水)ソワーニュの森オーデルゲム入口の活動報告

秋のソワーニュ、なのですが森の中の体感温度はすでに初冬並みかも。
そろそろ寒さ対策も本格的に…と思った10月最初の活動でした。

ソワーニュの森オーデルゲム入口は私が一番最初に参加した森で大好きな場所。
様々な表情のコースがあり、季節を問わず飽きることなく楽しめる森です。

この日は10組で出発でした。
子どもたちは最初から坂道を全力疾走。
道のわきの土手を登ったり滑り降りたり、枝を振り回して年上の子や大人に注意されたり、
そして気付くとコートを脱いでTシャツになっている子もチラホラ。
ベビーカーで参加の赤ちゃん連れの方もいましたが、
周りのみんなで協力しあって濡れ落ち葉の道を進んでいきました。

遊具のあるいつもの場所でおやつを食べた後は、
吊り輪をしたり小さな小川で遊んで水浸しになったり(!)、
ここでも崖を登ったり降りたり、たくさん生えているきのこに大盛り上がりしたり、
子どもたちは汚れることを気にせずに遊び回っています。
日も短くなってきたのである程度のところで遊びは切り上げ、
最後に絵本を2冊読んでもらって帰途につきました。
出発時刻の2時過ぎはまだ暖かかったけれど、しばらく歩いた後のおやつ時間はかなり冷え込んできていました。
日の差さない森のなかでじっとしている大人にとってはそれなりの寒さです。
集合時には「厚着!」と驚かれた真冬のコートを着ていた私ですが帰りはそれでちょうどよかったぐらい。
子どもたちの防寒着、帽子、防水ブーツ等、サイズのご確認はお早めに!
(もちろんお母さんたちご自身の準備も)。
防寒をしっかりしてこの後の冬の森遊びも皆で存分に楽しみましょうね。





写真/報告者:Tさん