みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2017年2月15日(水)ソワーニュの森オーデルゲム入口 活動報告

節分の日をすぎたからか、久しぶりに小春日和の心地よい気候。
子どもたちは森に入るなり次々に上着をぬぎ、
思いおもいの遊びに夢中になりました。

森の手入れをしたのか、切り倒された丸太が歩道の脇のあちこちに置かれており、
その上をお兄ちゃんやお姉ちゃんが上手にわたる姿を、
小さいこたちは羨望の眼差しでみつめたり、
みんなで溝のなかを探検したりと、
定番の遊具にたどり着くまでもニコニコ笑顔がとまりません。

遊具についたあとは、おやつでエネルギーを補給!
補給完了した子から順に斜面をよじ登ったり、遊具であそんだり。
ベビーカーからようやく出られた1歳前後のチビちゃんたちもよちよち歩きを披露したり、
遊具に挑戦したりと、ゆっくりとした時間をすごせました。
暗くなる前に引き上げようと、絵本の読み聞かせをせずに帰ろうとする大人たちに
「絵本がまだだよ?」「今日は絵本もってきたよ!」との声かけが。
班長さんは迷いながらも出発。
帰り道、途中の丸太の山で落とした小さな靴の救出を機に、絵本を2冊読むことに。
森独特の静けさの中での読み聞かせ。
長めの絵本にもかかわらず誰一人騒ぐことなく、みんな絵本の世界を楽しめました。
解散後時計の針は、真冬なら真っ暗であったであろう場所を指しており、
春の訪れをみんなで共有した活動でした。

写真撮影/報告者:Nさん