みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2016年1月20日(水)ソワーニュの森での活動

2016年の通常活動第一弾は雪がうっすらと積もるソワーニュの森でした。マイナス2度などなんのその、11家族が集合しました。久しぶりに会う面々は全員着ぶくれで、全身通常の1.5倍のボリュームに。大人も子供も動きがとても愛くるしいです。

雪化粧が施され、いつもと違う様子の森に子供達は元気に駆け出して行きます。サクっと沈む大地や、凍った水たまりをパリンと割るのが嬉しくてたまらない様子です。自分たちも子供の頃はそうだったな、と感傷に浸ったのもつかの間、雪の上を転がすベビーカーのごわごわした感触でお母さんたちは現実に引き戻されます(含む筆者)。

動き廻って体があったまってきたら、雪を触って冷やします。雪でお団子を作り、ベビーカーを押して暑くなったお母さんたちにも配ってくれました。ツワモノ数名は手袋なしで握っています。お母さん達が「手袋を履きなさい」、と声かけしても全く聞こえません。

しばらくすると冷えたのか、また走りだす子供達。うっかり滑って転んでも大丈夫です。雪がクッションとなり、ブーツと防水がばっちり効いたスキーウエアのおかげで乾いたまま。すぐ立ちあがって何事もなかったかのように駆け出していきました。

ちょうど3時のおやつの時間に遊具場につきました。いつもは子供達でいっぱいなのに今日は貸し切り状態です。普段は3時になるとおやつコールが出るのですが、今日はみんな雪に夢中で誰もおやつを催促しません。ツルツルの遊具に挑んだり、凍った小川・用水路をつつくのに忙しいようです。

今日の午後は、にわか雨の予報だったのに一滴もふらず曇り空のままでお開きになりました。決行の判断を下された班長さん、副班長さん、お見事です。

冬の活動を未体験の方がいらしたら是非一度お越しください。いつもと違う景色、貸し切り状態の森を散策するのは楽しいですよ。その際は親子とも1.5倍くらい全身を盛ってご参加されることをお忘れなく!








報告者/写真提供:Yさん