みんなで育ち合い、育て合おう。自然の中で、いきいきのびのびと子育てすることを大切とした親子の集まる子育てサークルです。入会金、会費等は要りません。
運営は全て、おかあさん、おとうさんたちのボランティアです。

2016年8月1日(月)カンブルの森での活動

日陰は少し肌寒く、日差しは眩しい心地良いお天気の中、
計7組の参加でした。
 
集合するなり、大きなお兄ちゃんたちは走り回り、
ベビーカー組はのんびり、景色を楽しみながら池沿いをお散歩しました。
 
池のほとりに沢山の鳥が集まってきており、
参加者が持参して下さったパンをみんなで池に投げては、
鳥がつつくのを眺めていました。
一生懸命パンを投げる子、自分でパンを食べてしまう子、
怖いもの知らずで池に突進していく子、落ちないようにそれを止めるお母さん。
子どもたちの性格が見えて、面白かったです。
 
大きな倒木のゾーンまで移動し、[
お兄ちゃんやお姉ちゃんが丸太の上を歩くのを見ながら、
ちびっこたちもお母さんと手を繋いで頑張って歩いていました。
昼食を済ませたあとはシャボン玉で一遊び。
何歳になっても、シャボン玉は子どもたちの心をつかんでいました。
 
ご飯も食べ、沢山走り回り、眠くなってしまった子もいる中、
次の遊具の場所へ移動。お兄ちゃん、お姉ちゃんはまだまだ元気!!
ベビーカーでうとうとしていた我が子も、遊具を見つけるなり覚醒してダッシュ!!!
みんなでブランコに乗ったり、グルグル回る遊具で遊んだり、
お姉ちゃんたちはお花を摘みにいったり、
途中からスタージュ中の現地の子供たちも来ましたが、
各々が自由に楽しく遊んでいました。
 
ひとしきり遊んだあとはおやつタイム。
たっぷり遊んだあとなので美味しそうにみんな食べていました。
 
ここでまた眠くなってしまう子たちもおり、
我が家もおやつ後には失礼しましたが、
お兄ちゃんお姉ちゃんたちはこのあとも倒木のところで一遊びする為に
また走り回っておりました。
 
その体力に驚き!!
我が家の娘も、数年後にはあんな風に最後まで元気に遊べるようになるのかな??
と感心しながら帰路につきました。
 
最後まで過ごしやすい気候で、
充実した1日となりました。
 






報告者/写真提供:Iさん